海援隊商事秘記(写し)


現在当館で展示している「海援隊商事秘記」(写し)。原本は重要文化財として京都国立博物館に所蔵されています。 慶応三年九月に丹後田辺藩と海援隊との間で締結された商事契約の内容が記されており、左側には「海援隊商事」の印影が見えます。龍馬の名前は才谷梅太郎で記され、この契約の交渉にあたった陸奥宗光(後の外務大臣)の名前も記されています。d(^O^)






コメントは受け付けていません。