松浦武四郎「アイヌ鶴の舞図」


現在展示中の松浦武四郎「アイヌ鶴の舞図」。三重県出身の武四郎は探検家、地理学者、博物学者、作家として知られ、絵画、書、篆刻などにも秀でた才人でした。蝦夷地(北海道)において約13年間、計6回もの調査を行っています。




「しら雪の つばさおもえば蝦夷人が 袖うち羽振く 鶴の舞かな」






コメントは受け付けていません。