龍馬書状新発見!

2017 年 1 月 14 日

また一つ、日本の宝が発見されました!

今年は坂本龍馬没後150年、そして大政奉還成立150年の節目の年。この書簡が発見されたことは大きな意味を持つと思います。

亡くなる5日前に書かれ、龍馬が「新国家建設」を目指していたことを裏付けるこの書簡は150年を経てもなお、私達に熱いメッセージを送ってくれています。

★紹介記事はこちら

 


平成29年 新年のご挨拶

2017 年 1 月 7 日

新年あけましておめでとうございます! 私は今年も日本の伝統芸能・獅子舞のお囃子太鼓でスタートを切りました。 獅子を怖がる子供たちの元気な泣き声や、それを幸せそうに見守る親御さんの笑顔に触れると、演者の私たちの心も喜びに包まれます

今年は坂本龍馬没後150年、そして大政奉還成立150年の節目の年。昨今はスマホアプリやオンラインゲームなどを通じて戦国時代や幕末維新、そして日本刀などが大ブームとなっています。私たちが若い頃とはずいぶん様相が変わりましたが、多くの若者たちが日本の歴史や武士道精神を知るきっかけになってほしいと願っています。

来年のNHK大河ドラマは『西郷どん』。誰が龍馬役を演じるのか楽しみですね。今年は龍馬さんや西郷どん、そして刀剣などをテーマにした展示やイベントなどの事業・活動をより盛大に、かつ精力的に推進してまいります!!

日本せんたくを継承し、未来の龍馬を育成する北海道坂本龍馬記念館を本年もよろしくお願い申し上げます。

北海道坂本龍馬記念館館長 三輪 貞治

15747898_1442832545740996_7157832387991240761_n


「第13回 龍馬祭」開催報告②(11月13日)

2016 年 11 月 20 日

「第13回 龍馬祭」二日目(11月13日〔日〕)は、当館特設会場にて、〇坂本龍馬蝦夷地上陸祈念祭、〇「第3回全国龍馬書道コンクール」・「第2回『百年後の日本人へ』現代の志士手紙コンクール」表彰セレモニー、〇日本刀特別講座が開催されました。

いずれの催事も当館の趣旨である、坂本龍馬の志を受け継ぎ、日本の伝統文化に触れ、武士道精神を学ぶことを目的としています。前日に記念講演を行ってくださった原口泉先生もご臨席くださいました。

坂本龍馬蝦夷地上陸祈念祭では、幕末に龍馬の縁戚・澤辺琢磨が宮司をつとめた山上大神宮の現宮司・澤辺益美様に斎主をおつとめいただき厳粛に挙行されました。神事に続き、郷士坂本家十代当主・坂本匡弘氏の式辞、当館館長・三輪貞治の祭文奉読の後、衆議院議員・前田一男様よりご祝辞をいただきました。

表彰セレモニーでは、書道コンクールのすばらしい入賞作品の数々がエントランスホールに展示されたほか、手紙コンクールの入賞作品は受賞者本人の朗読によって発表されました。熊本地震の被災地や自然環境保全に向けて自分ができること、あるいは将来の夢や決意などを綴った手紙は大変心に響く内容でした。また、函館市議会議員・藤井辰吉様より、特に小・中学生に向けて温かいメッセージをいただき、最後に当館正会員で水月流賢心朗吟会会長・湊賢心氏による坂本龍馬和歌朗詠が披露されました。

最近若い女性に人気急上昇中の日本刀についての特別講座は、日々丹精込めて日本刀を製作されておられる刀匠・渡辺惟平師門人・菊地伸拓氏をお招きし、日本刀の製作工程、種類、変遷などについて大変貴重なお話しを伺うことができました。

今年も大変充実した内容となり、楽しく、そして熱く交流することができた龍馬祭。全国から参集してくださった同志や受賞者の皆様、本当にありがとうございました!!

000_0542000_0591
000_0607000_0629
000_0905000_0645000_0686000_0753000_0804000_0835000_0848000_0861000_0954000_0999
000_0898