北海道坂本龍馬記念館 館長ブログ


北海道坂本龍馬記念館からお知らせや、行事報告などをこちらでは投稿しております。

秋田県が全国学力テスト1位の理由

2018 年 8 月 13 日

全国学力テストの結果が発表され、今年も秋田県が一位だったという。その理由として、子どもたちの「生活習慣」が挙げられている。早寝早起きでしっかりと朝食を取り、毎日1~2時間の家庭学習を行なっているのだという。ちなみに、学習塾に通っている子はほとんどいないらしい。

学校の先生たちの教育方針にも特徴があるそうで、常に子どもたちと向き合い、問いかけ、そして子どもたちが自分自身で考えることを大切にしているという。子どもたちの「自主性」が芽生えることで家庭学習も自主的に取り組むようになり、学力向上に繋がっているわけである。

親と子ども、そして先生と子どもの関係も良好だそうで、地域全体が子どもたちを見守っている様子が伝わってくる。

ちなみに、私が勤務している博物館にも修学旅行で秋田県の小学生が訪れるが、彼らは単に見学するだけでなく、自分たちの郷土を紹介する手作りのパンフレットを予め作って持参し、自分の街で生産された名産のお米などと一緒に職員に手渡してくれる。その際には、きちんと挨拶をし、郷土の歴史や特産品の説明も行う。その姿が何とも清々しくて愛おしい。

上記学力テストの記事を読んだ時、さもありなんと思った。「自主性」が学びの原点であり、モチベーションに繋がるということ。そして、親や教師をはじめとする地域の人々が、子どもたちとしっかりと向き合うことが重要であることを私は仕事を通じて実感している。


豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号内覧会(7月29日)

2018 年 7 月 30 日

今日は、プリンセス・クルーズジャパンオフィスの船木さんにお招きいただき、函館遺愛高校の生徒さん(12月に実施される研修クルーズの下見)と共に、函館港町埠頭に寄港中の豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号の内覧会に参加させていただきました。

迷子になりそうな程広い船内(何と18階!)には、ラウンジ、バー、プール、シアター、フィットネス、カジノなど、数えきれないほどの施設が満載、船から見える景色も最高でした。ちなみに、今回のクルーズも満室だそうです。

そして、この船を建造したのは三菱重工長崎造船所。坂本龍馬の活動拠点だった長崎で、海援隊が前身と言われる三菱の技術によって生まれたすばらしい客船です。龍馬さんとの深いご縁を感じます。お世話になった船木さん、鶴岡さん、本当にありがとうございました。












山上大神宮例大祭本祭(7月16日)

2018 年 7 月 17 日

海の日にあたる7月16日、かつて龍馬の縁戚・澤辺琢磨が宮司を務めた、函館・山上大神宮の例大祭本祭が厳かに催行され、神事の後は、華やかで楽しい国の重要無形民俗文化財「松前神楽」が奉納されました。

松前神楽の演目の一つである獅子舞には天狗も登場。子供たちをからかいながら、無病息災を祈って獅子に頭を噛んでもらうよう促します。そして、頭を噛んでもらった子供たちは、ご褒美にお下がりのお菓子をもらいます。

獅子が怖くて大泣きする子もいれば、お菓子をもらって上機嫌の子もいます。子供たちの泣き声や笑い声がこだまする、とても幸せなひとときでした。

こういった伝統行事や伝統文化は末永く後世に伝えていきたいものですね。